HOME > いまの様子

いまの様子

バラ園・薔薇の轍(わだち)のいまの様子をお知らせします。

大寒の中、春を待つバラたち

掲載日 2018年1月25日
剪定後の世界の野生種のエリアです。

バラの歴史にに大きく貢献した中国の野生種の代表2種。
【ロサ・ギガンティア】(手前左)と【ロサ・キネンシス・スポンタネア】も枝先を地面に引く形で誘引されています。
オールドローズエリアの様子です。

宿根草に続き、灌木類の剪定も終わっています。
宿根のグラス類だけ、3月に切り戻す予定です。

アーリーモダンローズのエリアです。

剪定が済んで、コンパクトになり葉もないので、極寒の中少し寒そうです。
モダンローズのエリアです。

散髪が済んで、さっぱりした感じでしょうか。

元肥となる寒肥の施肥作業を1月下旬から予定しています。
それが済むとあとは春を待つばかりです。

クライミングとランブラーのバラが波模様に誘引された、つるバラエリアです。

波の形がはっきり分かって、美しいですね。

香りのバラのエリアです。

新たにバラが増える予定なのでお楽しみに。

ページトップへ戻る

つるバラの剪定・誘引が終わり、木バラの剪定に入りました。

掲載日 2018年1月6日
オールドローズのエリアです。

オベリスクやアーチ、フェンスのつるバラの誘引は終わり、一季咲きのシュラブの誘引も終わっています。

四季咲きの系統の剪定がこれからです。
モダンローズのエリアです。

今日からブッシュローズ(木バラ)の剪定が始まりました。
クライミングとランブラーのエリアです。

モシャモシャだったのが、スッキリ。きれいに収まっています。
イングリッシュローズのエリアのパーゴラ周りです。

シュラブローズをつる仕立てと木バラの仕立ての両方のやり方で剪定してあります。

ページトップへ戻る