HOME > いまの様子

いまの様子

バラ園・薔薇の轍(わだち)のいまの様子をお知らせします。

梅雨の間も、咲き続けています。

掲載日 2018年6月22日
アーリーモダンローズのエリアです。

少し小さくなりましたが、バラの花は途切れず咲き続けています。

背景の花木、ブッドレアの藤紫や白の花房がやさしくバラを囲んでいます。
モダンローズのエリアです。

オレンジ、アプリコットや暗赤色のコーナーが目を引きます。
つるバラのエリアです。

四季咲き性の強いブッシュローズの枝変わりの品種が、変わらず咲き続けています。

イングリッシュローズのエリアです。

2番花が咲きそろい始めました。
香りのバラのエリアです。

花の大きなHT(ハイブリットティ)が多いので、全体に花のボリュームがあります。
オールドローズエリアのトンネルアーチの手前の様子です。

【セイヨウニンジンボク】の青紫の花とイヌコリヤナギ【白露錦】やアメリカアジサイ【アナベル】の白とが、よく似合っています。

ページトップへ戻る

四季咲き性の品種は全体に(2番花)よく咲いています。

掲載日 2018年6月14日
オールドローズの四季咲きの系統のエリアです。

全体によく咲いており、スモークツリーの花やヤナギの白露錦の新芽などと相まって、美しい景観になっています。
アーリーモダンローズのエリアの【ラ・フランス】です。

繰り返し、よく咲いています。

宿根草の白い花やブッドレアの木の花も咲き始めて、厚みが増しています。
モダンローズのエリアです。

こちらも、途切れることなく、花が咲き続けています。
1番花に比べると、やや花が小さくなりましたが、花数は充分にあります。
イングリッシュローズのリアです。

パーゴラ周りの【スカイラーク】や【パッ・トオースティン】の2番花が咲き始めました。

フランスのバラの【ボレロ】やアーチのクレマチスもよく咲いています。
つるバラのエリアです。

花数は減りましたが、四季咲き性の強い品種の、新しい花芽が上がってきています。

これからが楽しみです。


香りのバラのエリアです。

全体に2番花がよく咲いていて、見頃です。

クレマチスも一緒に楽しめます。

ページトップへ戻る

休み休みながら、開花は続いています。

掲載日 2018年6月8日
バラ園入口、日本の野生種のエリアの様子です。

テリハノイバラの花をまだ見ることができます。

夏に向かって、葉の緑が色濃く、つやつやになってきて、美しいです。
オールドローズのエリアの様子です。

奥の四季咲きのチャイナ系やティ系の2番花がよく咲いています。

ゲラニュウム、デルフィニュウム、ダイヤーズカーモミールなどの宿根草の花やアメリカテマリシモツケやシラタマミズキなどのカラーリーフが楽しめます。
オールドローズのエリアのトンネルアーチの脇の宿根草の様子です。

白い西洋アジサイのアナベルとアカンサスの花穂のコントラストがいい感じです。


アナベルはオールドローズのエリアにたくさんあり、大株で見ごたえがあります。
モダンローズのエリアの様子です。

2番花がよく咲いていて、充分に楽しめます。
イングリッシュローズのぺリアです。

四季咲き性の強い品種の2番花の芽が出揃いました。

開花はも少し先ですが、これから楽しめそうです。
香りのバラ園の様子です。

2番花が見ごろになり、ボリュームもあります。

ページトップへ戻る

←前の記事はこちら  次の記事はこちら→