HOME > いまの様子

いまの様子

バラ園・薔薇の轍(わだち)のいまの様子をお知らせします。

バラ達はまだ頑張って咲いています。バラの実も赤くなりました。

掲載日 11月10日
野生種のエリアの【ノイバラ】の実です。
ずいぶんと赤くなりました。

針葉樹の枝とリボンで素敵なクリスマスリースになりそうですね。

他にも様々な形のローズヒップが野生種のコーナーで見られます。
オールドローズの四季咲き種のエリアです。

グリーンローズとして知られるバラ【ビリディフローラ】(手前左)が赤味がかって、秋の深まりを告げています。
モダンローズエリアの【ブラックティー】の花です。

日ごとに色が深く濃くなっています。
クライミングとシュラブのバラのエリアの【サハラ】の花です。

秋らしい色で後ろにある茶色のバラ【バタースコッチ】と相まって美しいコラボレーションです。
イングリシュローズの追加エリアです。

背が伸びて、高い位置で咲いていますが、花数がまだたくさんありました。
香りのバラのエリアの【ブルーリボン】です。

青空に向かって思いっきり、背伸びしていました。

ページトップへ戻る

晴れ待ちをしていたバラの蕾が開き花数が戻ってきました。

掲載日 11月2日
オールドローズのエリアの様子です。
四季咲きのティー系を中心に再び咲き始めています。
モダンローズのエリアの【ノックアウト】です。
繰り返し咲き続けていて、花が絶えることがありません。

イングリシュローズのエリアです。
蕾だった枝先のバラが開き、株もとのキク科の宿根草とともにお楽しみいただけます。
イングリシュローズのエリア出口の【アイズフォーユー】です。
夜温が低くなって、一段と花色が深くなっています。
香のバラのエリアです。

背は高くなっていますが、枝先全部に花が咲いて見応えがあります。
バラ園までの園路の鉢バラも良く咲いています。
写真は【ハンス・ゲーネバイン】

鉢でバラを育てるのに適したバラ選びの参考になるかと思います。

ページトップへ戻る